失敗しないインプラントで口内環境改善│口内美化委員会

案内

口内トラブルを避ける

医療器具

炎症疾患

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患となる。歯と歯肉の境目にある歯肉境(歯周ポケット)の衛生状態が悪くなってしまうと、多くの細菌が停滞する事となり、歯垢が蓄積し歯肉の縁が炎症を帯びて赤くなってしまったり、腫れたりする。炎症状態が進行すると、歯と歯肉の境目の刺繍ポケットが深くなり、歯を支える土台が溶けてしまい、歯が動くようになり、最終的には抜歯が必要となってしまう事になる。

歯周病の原因

口腔内には300から500種類の細菌が生息している。通常の衛生状態でしたら問題を起こす事が無いのだが、衛生状態が悪くなっていたり、糖分を過剰に摂取すると細菌が粘着物を作り出し、歯の表面に付着するようになる。これが歯垢もしくはプラークと呼ばれる物となっており、口をゆすいだり、強いうがい程度では落ちないようになっている。歯垢の中には10億種類の細菌が潜んでおり、虫歯や歯周病の原因となる。特に歯垢の中の最近は歯周病を引き起こす物が非常に多くなっている。

歯周病の予防

歯周病の原因は歯垢なので、その歯垢の量を減らす事が歯周病の予防に繋がる。歯垢を減らす事をプラークコントロールとも呼ばれている。プラークコントロールの方法としては、正しい歯ブラシの方法でブラッシングを行い、歯の表面に歯垢が無い清潔な状態にしておく事が重要となる。また歯石の除去を完全に行い、原因となる細菌を徹底的に除去する事も有効な方法だ。他にも失敗していることが多い歯磨きのやり方は、歯科衛生士による専門的なクリーニングを定期的に受けて口腔内の健康を保持する事で予防出来るようになる。

このように、歯科で定期的に検診を受けることによって、口内に関する様々なトラブル対策をすることができるのだ。歯周病が進行し、抜歯しなければならない状況になるとインプラント治療や入れ歯や差し歯治療で対応しなければならない。こうした状況になる前に早めの対策が肝心なのである。また、インプラント治療を受ける場合など、歯科選びは慎重に行なうようにしましょう。インプラントは歯科によって技術の差が現れます。歯科治療に失敗しないようにするためにも、腕の良い歯科を選びましょう。

代表的な歯のトラブル

先生

虫歯とは細菌が酸を作り、その酸が歯を溶かし破壊してしまう病気の事を言う。初期段階では痛みも少ないため気づかない人も多く、この段階であれば、自分でも予防をする事で進行を妨げる事ができる。

詳しくはこちら

ホワイトニングで白い歯

歯科

近年ではホワイトニングを行なう方が増えています。ホワイトニングは歯科だけでなく歯科の指導を受けて自宅などでも気軽に行なうことが出来るので一度ホワイトニングに取り組んでみるのも良いでしょう。

詳しくはこちら

定期的な点検

歯型

近年ではホワイトニングやインプラントなどの治療が行なわれるようになったので昔よりも治療技術が進歩しているのですが、定期的な診断を受けなければ発見が遅れてしまうので治療などが遅れてしまうので常に注意しましょう。

詳しくはこちら