専門歯科の失敗しないインプラントで口内環境改善│口内美化委員会

案内

代表的な歯のトラブル

先生

虫歯は口内環境を乱す

虫歯の病気が進行するのに従い、見た目も黒ずみ、痛みを発してくる。この段階で歯医者を訪れる人が多いが、早期に適切な治療を施せば治るのだ。しかし、末期になってしまうと歯のほとんどが溶けてしまうので、抜歯せざるを得ず、自分の歯を失う事となるだろう。

虫歯治療の歴史

虫歯治療の歴史は深く、日本では弥生時代から予防策が行われており、江戸時代には歯の専門家も存在し、入れ歯も登場した。海外では、痛みのない抜歯方法も発明され、徐々に日本にも広がっていった。そして、昨今ではどの状態にも対応できるよう、菌に侵された神経を抜いたりインプラント等といった多様な治療法が確立したのだ。甘い物も増え、食生活も変化した昨今、虫歯の問題は欠かせない物となっており、歯医者はコンビニの数より多く存在している。

予防しよう

虫歯の予防には、口腔内の環境が重要であり、例え乳歯の内に虫歯だらけだったとしても、永久歯になってから口腔環境を清潔に保てば問題ないのだ。自宅に手軽にできる方法として、歯磨きがある。一本一本を丁寧に磨き、食べ残しを取り除き、フッ素でコーティングすると良い。こうする事で菌の繁殖を抑える事ができる。フッ素には、酸に強い結晶を作り、歯の再石灰化を促す効果があるので、フッ素をすすぐ際にはすすぎ過ぎないよう注意が必要である。口内のケアを積極的にすることで、虫歯だけでなく歯周病などの疾患の予防にもつながる。